五輪へ大迫傑、設楽悠太ら東京マラソンにエントリー

引用元:日刊スポーツ
五輪へ大迫傑、設楽悠太ら東京マラソンにエントリー

東京マラソン財団は28日、都内で東京マラソン(3月8日)に出場するエリート選手を発表した。

【写真】MGCで3位に入った大迫傑

国内招待選手として、日本記録2時間5分50秒を持つ大迫傑(28=ナイキ)設楽悠太(28=ホンダ)井上大仁(27=MHPS)ら注目選手がエントリーした。

大迫は昨秋の「マラソン・グランドチャンピオンシップ(MGC)」で3位に入っており、現状ではオリンピック(五輪)代表3枠目の候補となっている。ただ今大会で大迫が持つ日本記録を上回る2時間5分49秒を上回る選手が出れば、その選手が3枠目の候補になる。

設楽悠は、前日本記録2時間6分11秒を持っている。また18年ジャカルタ・アジア大会金メダルの井上も自己記録2時間6分54秒。世界トップクラスの高速レースが展開される同大会で、2時間5分50秒は決して安全圏とはいえない。

主な海外招待選手と自己記録は以下の通り。

ビルハヌ・レゲゼ(25=エチオピア)2時間2分48秒

ゲタネ・モラ(26=エチオピア)2時間3分34秒

シサイ・レマ(29=エチオピア)2時間3分36秒。

主な国内招待選手と自己記録は以下の通り

山本憲二(30=マツダ)2時間8分42秒

村山謙太(27=旭化成)2時間8分56秒

佐藤悠基(30=日清食品グループ)2時間8分58秒。

フォローする