高橋尚子さん大阪国際女子マラソンに「選手の目線に立って応援してもらえる解説をしたい」

引用元:スポーツ報知
高橋尚子さん大阪国際女子マラソンに「選手の目線に立って応援してもらえる解説をしたい」

 シドニー五輪女子マラソン金メダリストの高橋尚子さん(47)が25日、大阪・関西テレビで26日に開催される同局「第39回大阪国際女子マラソン」(後0時)の会見に出席した。今大会は、2020年東京五輪マラソン女子日本代表の最後の1枠を争う選考会「MGCファイナルチャレンジ」の1つ。高橋さんは「オリンピックに挑むときは開き直っているので、私も一番つらかったのは選考レース。選手の目線に立って、応援者になってもらえるような解説をしたい」と話した。

 五輪代表になるためには、2時間22分22秒の設定記録を突破した上で、3月の名古屋ウィメンズマラソンを含めて日本人最速タイムとなる必要がある。今回のコースについて「坂道も少ないタイムが出やすいコース。大阪城という1つの目標物もあり、気持ちも切り替えられるし、沿道の応援も明るく力になってくれるはず。選手も喜ぶので、声援は選手の下の名前や、ニックネームを呼んであげてください」とお願いした。

 今回の展望について「ペースメーカーもいるので、30キロまでいかに力をためて走れるか。海外選手もいてもつれる展開になると思うが、仕掛けるのは小原怜さん(天満屋)だと思う。自分が思いきっていけるような、レースを動かしていける人」と分析した。 報知新聞社

フォローする