箱根8位の駒大に進学する花咲徳栄の唐沢拓海が全国駅伝4区で区間タイ

引用元:スポーツ報知
箱根8位の駒大に進学する花咲徳栄の唐沢拓海が全国駅伝4区で区間タイ

◆全国都道府県対抗男子駅伝 (19日、広島市平和記念公園前発着=7区間48キロ)

 一般(社会人、大学生)2区間、高校生3区間、中学生2区間の計7区間48キロで争われ、高校生区間の4区(5キロ)で、埼玉の唐沢拓海(花咲徳栄3年)が14分7秒の区間タイ記録で8位から7人をゴボウ抜きして首位に浮上した。2013年に兵庫・須磨学園の秋山雄飛(現中国電力)が2013年大会でマークした区間記録に並んだ唐沢は今春、今回の箱根駅伝(2、3日)で8位だった駒大に進学する。王座奪回のための新戦力として期待される。埼玉は最終7区(13キロ)にマラソン前日本記録保持者の設楽悠太(28)=ホンダ=が控えており、2年ぶり2度目の優勝のチャンスをつかんだ。

 2位に佐賀、3位に京都が続く。

 高校生が担う1区(7キロ)では、宮城の吉居大和(仙台育英3年)が19分46秒の区間新記録で区間賞を獲得。2003年の松岡佑起(京都・洛南、現大塚製薬)、05年の佐藤悠基(長野・佐久長聖、現日清食品グループ)が持つ19分51秒の区間記録を5秒更新。「タイムは気にせず、区間賞を取ることを目指しました」と冷静に話した。吉居は今春、箱根駅伝12位の中大に進学予定。

 1区では区間賞の吉居をはじめ5人が区間新記録をマーク。箱根駅伝に出場した210選手中177人(84・3%)が使用したナイキの厚底シューズ「ズームXヴェイパーフライネクスト%」を履く選手が多く、区間新記録が連発した箱根駅伝同様に今大会も新記録ラッシュで始まった。 報知新聞社

フォローする