マラソン大迫が新賞金レース構想…「純粋に記録狙う」

 男子マラソン日本記録保持者の大迫傑(ナイキ)が19日、自身のツイッターで、2021年3月頃をめどに日本に新たなマラソンレースを作る構想を明かした。

 大迫は開催候補地やスポンサーなどの詳細は未定とした上で、「世界との差を縮めるため、純粋に記録を狙う賞金レース」というコンセプトを明示。9月に行われた東京五輪代表選考レース、マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)が、注目度の高さに反して選手への賞金が出なかった点を疑問視し、「日本人選手の価値を高め、陸上選手がかっこよく見え、稼げる仕事にしたい」と記した。

 大迫の発案に対し、同学年で前日本記録保持者の設楽悠太(ホンダ)ら多数のトップ選手がツイッター上で賛同の意を示している。

フォローする