福岡、最終逸木無念 12位でゴール

福岡、最終逸木無念 12位でゴール

 ◆第38回全国都道府県対抗女子駅伝(12日・たけびしスタジアム京都発着=9区間、42・195キロ)

【表】第38回全国都道府県対抗女子駅伝 上位3チームと郷土勢の成績

 2年ぶりの入賞を目指した福岡は、1区13位のスタートから、一時6位にまで浮上。最終9区に7位でたすきをつないだが、アンカーの逸木(九電工)が区間17位タイと振るわず12位でフィニッシュ。東京五輪1万メートルの参加標準記録を突破している東京の新谷や同マラソン代表内定の大阪の前田らのスピードランナーに追い上げられ「抜かれたときにどう対応するかだったんですが、全然ついていけなかった」と逸木は無念そうにレースを振り返っていた。 西日本スポーツ

フォローする