【箱根駅伝】法大15位 シード絡めず 2年連続6区の坪井は区間15位

引用元:スポーツ報知
【箱根駅伝】法大15位 シード絡めず 2年連続6区の坪井は区間15位

◆報知新聞社後援 第96回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)復路(3日、芦ノ湖―東京・読売新聞東京本社前、5区間=109.6キロ)

 法大は一度もシード争いに絡めず15位に終わった。

 2年連続6区の坪井は前回より1分37秒遅い1時間7秒で区間15位。予想以上の速いペースにのまれ、10キロ以降に失速した。主将の役目を果たせず「1秒、2秒でも、と思う気持ちが出過ぎてしまった。流れを止めてしまった」と肩を落とした。長い距離への強みはあるだけに、スピード化への対応という課題が浮き彫りになった。

報知新聞社

フォローする