中央学院大 涙の11位 10区・石綿、区間18位に「自分を見失ってしまった」

中央学院大 涙の11位 10区・石綿、区間18位に「自分を見失ってしまった」

 ◇第96回東京箱根間往復大学駅伝・復路(2020年1月3日 神奈川・箱根町~東京・大手町 5区間、109・6キロ )

 12位スタートの中央学院大は6区・武川が区間5位の走りで9位に押し上げるも、10区・石綿が区間18位の大ブレーキ。6年連続のシードを逃し、石綿は「自分の走りができなかった。10キロ付近で自分を見失ってしまった」と涙にくれた。

 今季は主力選手2人が離脱し、10月には台風19号の影響で2カ月間も練習場が使用できないなど、トラブル続き。逆境を乗り越えられず、石綿は「今は来年のことを考えたくない」と力なく語った。

フォローする