箱根駅伝、青学大が2年ぶり5度目総合V 東海大は2位

箱根駅伝、青学大が2年ぶり5度目総合V 東海大は2位

 第1回から100年目を迎えた第96回東京箱根間往復大学駅伝は3日、神奈川県箱根町から東京・大手町までの5区間、109.6キロで復路が行われ、青学大が10時間45分23秒の大会新記録で2年ぶり5度目の総合優勝を果たした。連覇を狙った東海大は3分2秒差の2位。

 往路を新記録で制した青学大は、前年覇者の東海大と3分22秒差で復路をスタート。6区を終えた時点で2分1秒差まで詰め寄られたが、9区神林勇太が区間賞の好走で突き放した。 神奈川新聞社

フォローする