花の2区で東洋大・相沢晃が歴代1位 史上初の1時間5分台/箱根駅伝

 第96回東京箱根間往復大学駅伝往路(2日、東京・大手町-箱根・芦ノ湖、5区間=107・5キロ)2区(23・1キロ)は14位でたすきを受けた東洋大の相沢晃(4年)が1時間5分57秒で区間賞。2009年に山梨学院大のメクボ・モグスがマークした歴代1位の1時間6分4秒を7秒塗り替え、史上初の1時間5分台をたたき出した。

 「日本人最高はもちろん、1秒でも削り出してモグスさんの記録に近づければ」と話していた学生トップランナー。予選会日本勢1位で東京国際大の伊藤達彦(4年)と序盤から並走を続け、20キロ過ぎで振り切った。チームを7位まで押し上げる快走を見せた。(記録は速報値)

フォローする