マラソン札幌変更案に陸連混乱「都市が変わるとは」

引用元:日刊スポーツ

20年東京オリンピック(五輪)の男女マラソンと競歩のコースについて、国際オリンピック委員会(IOC)の札幌案浮上から一夜明けた17日、日本陸連は混乱に陥った。麻場強化委員長は「いきなり言われてもどうしていいか、わからない。情報収集と対応を進めていくところ」。緊急で強化トップの会合の招集作業に入った。

約2年かけたマラソン・グランドチャンピオンシップ(MGC)が水の泡になる札幌案だが、代表に内定した男女2人ずつの変更なし。麻場委員長は「それは絶対にできない。それだけは言えます」。

尾県専務理事は、札幌開催の場合、警備や医療の面から北海道マラソンに準拠するコースが現実的との見通しを示した。ただし「決まればやるしかないが、めちゃくちゃ大変だと思う」と口にした。

尾県専務理事、麻場委員長はともに前夜に札幌案を知った。麻場委員長は陸連事務局からの電話を受けて「なんと!」と思わず声を上げたという。変更のきっかけとなった世界選手権ドーハ大会には日本選手団監督として参加。「私は(変更まで)思ってなかった。ドーハを見て、ますます暑熱対策をして、東京五輪に臨まないと、と考えた。まさか都市が変わるとは…。だって東京五輪ですから」。

東京を前提とした暑熱対策やレース分析は再考を迫られる。麻場委員長は「決まれば、強化としては対応するしかない」と腹をくくっていた。【益田一弘】

フォローする