パラ陸上代表、強化合宿で新競技ユニバーサルリレーを練習

 沖縄県読谷村で行われているパラ陸上日本代表らによる強化合宿は28日、東京パラリンピックで初めて実施されるユニバーサルリレーの練習を行った。

 ユニバーサルリレーは男女2人ずつの計4人が「視覚障害」、「切断と機能障害(立位)」、「脳性まひ(立位)」、「車いす」の順番で400メートルを走る。この日は脳性まひの高松佑圭(ローソン)から、車いすの鈴木朋樹(トヨタ自動車)へのタッチなどを確認した。マラソンで東京パラ代表に内定している鈴木は「速いタイムが出せた。リレーは個人種目のモチベーションにもつながるので、積極的に取り組みたい」と話した。