2区神村学園・シンシア区間タイで13人ごぼう抜き

引用元:日刊スポーツ

<全国高校駅伝・女子>◇22日◇京都市・たけびしスタジアム京都(西京極陸上競技場)発着◇5区間(21・0975キロ)

1区6キロ。立命館宇治の三原梓(2年)が3キロ地点をトップの9分46秒で通過。4キロ過ぎで30メートルほど後続を引き離した。だが、中継地点まで残り700メートル付近で、和歌山北の小倉稜央(3年)と仙台育英の小海遥(2年)が追いつきパス。小倉がトップに立つも、中継地点直前で小海が追いつき1位でたすきを渡した。

前回優勝・神村学園の木之下沙椰(2年)はトップと34秒差の14位でケニア人留学生バイレ・シンシア(2年)に、たすきリレーをした。

2区4・0975キロはシンシアが激走。残り1キロ付近でトップの仙台育英・米沢奈々香(1年)をパスし13人抜きを達成。区間記録と並ぶ12分25秒でたすきを渡した。

フォローする