仙台育英・吉居大和、雪辱の舞台へ 昨年区間42位

引用元:日刊スポーツ
仙台育英・吉居大和、雪辱の舞台へ 昨年区間42位

全国高校駅伝が今日22日、京都で開催される。21日には同市内で開会式が行われ、東北代表男女13チームが参加した。

8年ぶりに東北大会を制し、12年ぶり8度目の優勝を狙う男子の仙台育英(宮城)は、吉居大和(3年)を中心に県予選タイムは全国1位の2時間2分46秒をマーク。吉居大は昨年1区を任せられたが、区間42位とまさかの結果に終わった。「悔しい結果に終わって、今年は優勝するために1年間練習に取り組んできた」と雪辱の舞台に臨む。

また、チーム史上初の外国人留学生抜きで2年ぶり4度目の優勝を目指す女子の仙台育英も、予選タイムは全国2位の1時間7分38秒。男子と26年ぶり2度目のアベック優勝に期待が高まる。

フォローする