【箱根駅伝】東洋大・相沢主将、2区記録視野「1秒でも近づければ」…壮行会で宣言

引用元:スポーツ報知
【箱根駅伝】東洋大・相沢主将、2区記録視野「1秒でも近づければ」…壮行会で宣言

 東洋大は13日、都内の白山キャンパスで壮行会を行った。

 今年の出雲、全日本ではいずれも区間新の学生最強ランナー・相沢晃主将(4年)は「今回の箱根は2区を走れればと思う。2区であれば日本人最高記録はもちろん、モグスさんの(歴代最高)記録にも1秒でも近づければ」と抱負。前回大会まで11年連続で3位以内と安定感は抜群だが、優勝からは5大会遠ざかっている。酒井俊幸監督は「往路3連覇、総合優勝の奪還が目標。簡単に白旗を揚げずに、そこが鉄紺の走り。部員たちと共に、目標に立ち向かっていきたい」と力強く語った。 報知新聞社

フォローする