「箱根駅伝2020」エントリーメンバー発表!予選会突破校の注目選手は?

引用元:All About
「箱根駅伝2020」エントリーメンバー発表!予選会突破校の注目選手は?

2019年12月10日、関東学生陸上競技連盟より、2020年1月2日、3日に行われる、第96回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)に出場する、20大学と関東学生連合チームの出場選手登録(エントリーメンバー)が発表されました。

出場する21チームは、各大学、最大16名までを出場選手として登録することができ、以後、選手の入れ替えはできません。よって、箱根駅伝に出場する10名は、今回の登録選手のなかから選ばれることになります。

今回は予選会突破校編として、予選会1位通過の東京国際大学から10位の中央大学まで、加えて関東学生連合チームについて、箱根駅伝の展望、注目選手をあげていきます。なお、昨年の戦力と比較するために、卒業生の名前も紹介します。

◆東京国際大学(2019年実績:箱根15位、予選会1位、全日本4位)

■卒業生:6区14位河野、9区21位浦馬場

■見どころ
今シーズンは全日本大学駅伝関東地区選考会1位通過、箱根駅伝予選会1位通過と好調を維持。全日本は箱根駅伝予選会の翌週に行われるというタイトな日程でしたが、箱根駅伝予選会と戦力を分散させて挑み、4位に食い込むなど選手層の厚みを増しています。伊藤達彦選手(4年)の活躍と、5区・6区を凌げば過去最高15位の更新はもちろん、初のシード権も見えてくるのではないでしょうか。

■注目選手:丹所健選手(1年)
大学入学後、5000mの自己記録を14分05秒65と大きく伸ばしており(10000mも29分11秒61を記録しています)、1年生ながら箱根駅伝予選会で個人50位に入るなど成長度合いの大きい、注目の選手です。エース伊藤達彦選手(4年)の後釜候補としても注目です。

◆神奈川大学(2019年実績:箱根16位、予選会2位)

■卒業生:1区15位山藤、4区21位枝村、7区14位多和田、10区20位佐久間

■見どころ
6月の全日本大学駅伝関東地区選考会では主力の不振で10位に終わるなど、2019年度の前半は苦戦していました。しかし、前評判が分かれていた予選会では真骨頂を発揮、高温で厳しいコンディションのなか、堂々の2位通過を果たしました。4年連続出場がかかる越川堅太選手(4年)を筆頭に主力選手が概ね順当にエントリーされました。

■注目選手:荻野太成選手(4年)
3000m障害の実力者で関東インカレ(2部)3連覇(2016~2018年)の実績を持ちます。11月に10000mでも28分39秒30の好記録をマークしており、前回6区区間7位の実績もありますが、他の区間に回る可能性も。