さいたま国際マラソン、吉田香織が日本人トップ6位…五輪代表条件には届かず

 陸上・さいたま国際マラソン(8日・さいたまスーパーアリーナ発着=読売新聞社など主催、特別協賛りそなグループ)――ペレス・ジェプチルチル(ケニア)が2時間23分50秒で優勝し、吉田香織(TEAM R×L)が2時間35分15秒で日本人トップの6位に入った。東京五輪の代表3人目を決める「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)ファイナルチャレンジ」の女子初戦で、派遣設定記録の2時間22分22秒以内が代表入りの必須条件だが、突破者は出なかった。(記録は速報値)

フォローする