五輪マラソンコース決まらず、世界陸連との調整難航

引用元:日刊スポーツ
五輪マラソンコース決まらず、世界陸連との調整難航

2020年東京五輪・パラリンピック大会組織委員会は4日、札幌に移転した東京五輪のマラソンで、世界陸連との交渉が難航している周回コースについて、札幌市が推す2周回コースを1周した後の計画は、継続協議にすると国際オリンピック委員会(IOC)理事会に報告した。

札幌市は2周回コースを主張する一方、世界陸連が1周7キロを6周するコースを推しており、この日までに調整がつかなかった。今月中旬までに結論を出す。

地元札幌としては大会後のレガシーとなるよう2周回にし、ハーフマラソンなどに活用したい意向。なるべく観光名所を巡れるようにし、五輪で世界に発信したい考えもある。6周回では、その方針にそぐわない。

一方、マラソン競技は世界的に見れば人気が低く、世界陸連はコースを広範囲にすると観客がまばらになることを懸念。多周回にすると観客が集まりやすく、警備も楽になる。

大会関係者は地元の意向をくみ「世界陸連と戦わないといけない」と、タフな交渉を続けていることを明かしていた。

競技日程は決着した。男女マラソン、男子50キロ競歩、男女20キロ競歩の5種目を20年8月6~9日の4日間で集中開催する。2日だった女子マラソンを8日に変更。男子マラソンは大会最終日の9日に据え置いた。ともに朝7時スタートにする。

6日午後4時30分に男子20キロ競歩、7日午前5時30分に男子50キロ競歩、同日午後4時30分に女子20キロ競歩を実施する。競技関係者らが東京-札幌間を行き来する手間を最小限にとどめることが理由。マラソン、競歩の大通公園発着は理事会で承認を得た。

フォローする