優勝、スマホが返ってきたから? 「日本人なんて親切」

優勝、スマホが返ってきたから? 「日本人なんて親切」

 第73回福岡国際マラソンを大会歴代8位タイの2時間7分10秒で制したエルマハジューブ・ダザ(28)=モロッコ=は「素晴らしい大会で満足の走りができた。日本が好きになった」と笑顔で振り返った。

 沿道からの声援が力になったというが、それ以外にも日本人の親切さを実感する出来事があったという。大会2日前の夜。コーチのエルムサウイ・ムスタファさん(49)は、1人で福岡市内のスポーツバーで酒を飲んでいたが、スマートフォンを店に忘れたままホテルへ帰ってしまった。翌朝になって手元にないことに気づき、「絶望的な気持ちになった」と頭を抱えた。 朝日新聞社

フォローする