MGCファイナル、藤本ら、福岡で五輪3枠目ならず 藤本の2時間9分36秒が最高

 「福岡国際マラソン」(1日、平和台陸上競技場発着)

 東京五輪代表の3枠目を狙う「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)ファイナルチャレンジ」の第1戦として行われ、今年9月のMGCで五輪代表を逃した3選手が出場した。優勝は2時間7分10秒のエルマハジューブ・ダザ(モロッコ)。

 MGC9位の藤本拓(トヨタ自動車)は、2時間9分36秒で日本人トップの2位。序盤から先頭集団につき、30キロでダザと2人になったが、そこから引き離された。

 MGC22位の福田穣(西鉄)は、2時間10分33秒で3位で今大会で五輪代表の3枠目の選手は出なかった。

 五輪代表の最後の切符をつかむには、今大会から始まる対象3レースで日本新記録となる2時間5分49秒以内が条件。その中の最速選手が選ばれる。突破者がいない場合は、MGC3位の大迫傑(ナイキ)が代表となる。

フォローする