全日本大学駅伝を支える裏方の動きはどうなっていた?元マネージャー・M高史が注目!

引用元:4years.
全日本大学駅伝を支える裏方の動きはどうなっていた?元マネージャー・M高史が注目!

11月3日にあった全日本大学駅伝。前回のコラムでは報道バスのお話をしましたが、今回は全日本大学駅伝を支える裏方の皆さんのお話です。マネージャーさんや卒業生の皆さんのサポートにも注目しました!

チームを支える早稲田の主務は理系男子!
まずは、早稲田大学の平子凛太郎主務(4年・磐城高校)。前週の箱根駅伝予選会で9位通過と思わぬ苦戦を強いられましたが、中1週間で迎えた全日本大学駅伝では6位とシード権を獲得しました。「全日本は3番を目標にしていたので悔しさもありますが、シード権をとれたというホッとした気持ちもあります。予選会、全日本と連戦になりましたが、選手が走りやすいような環境作りを心がけていました」としっかり選手をサポート。

大きなレースが続いて準備、手配、メディア対応など大変だったのではと伺うと「何が必要かを整理して、やるべき準備をしてきました。」理路整然とお話してくれた平子さん、実は創造理工学部。早稲田の理工といえば勉強も大変なはず!

相楽豊駅伝監督によると「学部の勉強が忙しく、研究室にこもりっぱなしになることも多いです。練習や合宿の全てに帯同できるわけではないですが、マネージャー業と学業を両立してがんばっています」と平子さんの働きぶりを評価されていました。

学生の本分である勉強も、チームを支える主務としての役割も、何事にも全力な平子主務にこれからも注目したいです。

「打倒関東」の立命館
続いて、立命館大学・岡本紗弥マネージャー(2年・宝仙学園)。岡本さんは今回、2区・高畑祐樹選手(4年・水口東)の付き添いを務めました。選手と同じ3時に起床し、選手と同じ時間帯に朝食をとり、スタートの熱田神宮へ。そして輸送バスで2区へ移動します。招集まで選手に付き添い、情報があれば選手に伝えます。

「あまりプレッシャーをかけないように、プラスな声かけを心がけました」

1区の岡田浩平選手(3年・洛南)が走り終わって、一緒に大会のバスでフィニッシュ地点へ向かいます。バスの中ではテレビでレース展開をチェック、Twitterでも情報を確認。チームのグループLINEでもタイム差などをすかさず共有。

中学、高校時代は長距離選手で駅伝にも出場していた岡本さん。「選手の立場に立ってサポートすることを心がけています。選手が結果を出したときはやりがいを感じますし、選手から『ありがとう』と言われたときは嬉しいですね!」

今回は12位ということで悔しい結果に終わりましたが「打倒関東」を掲げ、立命館大学の挑戦は続きます。

フォローする