日本初のプロが語る、ラクロスに欠かせないチーム内の共通認識 DFのダブルチームのつくり方

引用元:4years.
日本初のプロが語る、ラクロスに欠かせないチーム内の共通認識 DFのダブルチームのつくり方

みなさんこんにちは、ラクロスプレイヤーの山田幸代です。

これまでの回では、「AT(アタッカー)のアンダープレッシャーでの技術」と「DFが考えるべきオフボールの際のバトル」という話をしましたね。個人技の種類を増やすためにも、今度は「DFのダブルチームの組み方とボールの奪いどころ」も考えてみましょう。この話を通じて、私はチーム内で細かな共通認識を設ける大切さを伝えられればと思っています。

ダブルチームで一番重要なのが孤立させないこと
ダブルチームとは、一人のオフェンスに対してDFが2枚入ってプレッシャーをかけることです。そもそもみなさんはダブルチームにどんなイメージをもっていますか? 「強いプレッシャーをかける」「ボールを奪う」「罠を仕掛ける」などでしょうか? そうですね、どれも正解だと思います。でもそのダブルチームのつき方やタイミングなど、明確にチームの中で共通認識化できていますか?

例えば私がオーストラリアチームでプレーしていたときは、積極的にDFがイニシアティブをとって、ダブルでオフェンスにつきにいくシーンや場所をチーム全体で共有していました。そしてタイミングやダブルチームの中の細かな約束事などを、チーム全体で共通して認識していました。

具体的には、1対1の場面で自分たちの罠を仕掛けた場所にオフェンスを誘導し、ダブルチームをつくっていました。一人目のDFがオフェンスを決めた場所に誘い込み、二人目のDFはそのオフェンスの視野外からダブルに入ります。さらにどちらの選手がボールを保持したオフェンスのスティックを狙うかというところまで、細かく決めていました。

このプレーで一番重要なのが、ダブルチームが孤立しないことです。ダブルチームは二人のDFだけで成り立つプレーではありません。ボールを保持しているオフェンスの隣は必ず閉める。逆サイドはそのほかのDFがローテーションしてしっかり守る。そうすることで、DF全体で一つのボールを狙いにいくことができていました。

フォローする