【クイーンズ駅伝展望】前回優勝の積水化学は3区新谷で先行、4区以降逃げ切るレースプラン 5区鍋島の復調が勝敗左右

【クイーンズ駅伝展望】前回優勝の積水化学は3区新谷で先行、4区以降逃げ切るレースプラン 5区鍋島の復調が勝敗左右

積水化学が予想通り最長区間の3区に新谷仁美(34)を起用。連覇に向けて上げ潮ムードを漂わせ始めた。クイーンズ駅伝in宮城2022(第42回全日本実業団対抗女子駅伝)は11月27日、宮城県松島町をスタートし仙台市弘進ゴムアスリートパーク仙台にフィニッシュする6区間42.195kmで行われる。

積水化学は1区に前回3区区間2位の佐藤早也伽(28)を、2区にこの区間2年連続区間賞の卜部蘭(27)を起用。3区の大砲・新谷で大きく抜け出す展開を目指す。資生堂に逆転されても、4、5区の頑張り次第ではアンカーの佐々木梨七(20)で勝負に出ることができる。

 

1区・佐藤は「無心で走る」

積水化学は絶好調の3区、新谷仁美を生かす布陣になった。1区の佐藤と2区の卜部が射程圏内の差で3区につなげば、新谷で一気にリードを奪うことができる。

佐藤は近年は3区の方が多く、「(1区の坂は)慣れていません。無心で走るしかないです」と言うが、2年前には1区で区間3位、18年大会でも区間6位で走っている。

昨年のクイーンズ駅伝後、佐藤はマラソンを2本走っている。1月の大阪国際女子は2時間24分47秒の6位、9月のベルリンは2時間22分13秒の9位(日本人3位)。

「ベルリンは初めての海外マラソン、初めて夏のマラソン練習で不安はありましたが、自己新を出すことができて自信になりました。それまでのマラソンでは30km以降のペースダウンが課題でした。ベルリンはいつもより落とさずフィニッシュできたんです。夏場の練習は初めてで距離を減らしていましたが、来年(同時期開催のMGC)に向けて、もう少し攻めた練習もできそうです」

マラソン後は通常1か月近く休むが、今回は1週間でチームの練習に合流した。その代わり、疲労が出ないように距離ではなく、「スピードを出して感覚を良くする立ち上げ方」にした。右肩上がりの回復ではなく、良かったり悪かったりを繰り返し、「少しずつ上がっている感じ」に入ってきた。

そして佐藤の場合は、多少調子が合わなくても“無心”で走ることで力を発揮する。田中希実(23・豊田自動織機)、木村友香(28・資生堂)ら、トラック種目の日本代表経験選手たちと走っても、大きく後れることはないはずだ。