ルーキー・田中希実に注目断トツ クイーンズ駅伝監督アンケート

引用元:毎日新聞
ルーキー・田中希実に注目断トツ クイーンズ駅伝監督アンケート

 「クイーンズ駅伝in宮城 第42回全日本実業団対抗女子駅伝競走大会」は27日、宮城県を舞台に6区間42・195キロで争われる。

 出場24チームの監督に注目のチームと選手についてアンケート(複数回答可)で聞いたところ、注目チームは大会2強とされる資生堂(10票)と積水化学(9票)が拮抗(きっこう)した。

 2連覇を目指す積水化学、16年ぶりの優勝を狙う資生堂は、互いのチームの名を挙げた。資生堂の岩水嘉孝監督は「(新たに)補強した選手がどこまで調子を上げているか」と、世界選手権代表経験者の鍋島莉奈が加入した積水化学を警戒。一方、積水化学の野口英盛監督は五島莉乃らトラックの有力者にマラソンのエース格・一山麻緒を擁する資生堂について「各区間に穴がない」と評した。

 3番目に票を得たのは、予選会から勝ち上がった豊田自動織機(7票)で、世界選手権3種目出場の田中希実が入社。あるチームの監督は「『豊田自動織機は(田中が)社会人になって合流した年に優勝することを描いている』と関係者から聞いた」と明かした。

 注目選手で断トツ(10票)は田中。第一生命グループの山下佐知子監督は実業団駅伝の初陣に臨むルーキーに対し、「田中選手は個人レースで見る機会が多かったので、新鮮」と述べた。

 次に注目を集めたのは、日本郵政グループの広中璃梨佳(5票)。1万メートル国内女王は入社以来、3年連続で区間賞を獲得。前回は最長3区で他の選手を退けた。資生堂の岩水監督は「(クイーンズ駅伝での)『不敗神話』を破る選手がいるだろうか」と、強敵の仕上がりを気にかけていた。トラックで進境著しい萩谷楓(エディオン)を推す声もあった。【岩壁峻】