田中希実、1区で初参戦 27日のクイーンズ駅伝・最終オーダー

引用元:毎日新聞
田中希実、1区で初参戦 27日のクイーンズ駅伝・最終オーダー

 宮城県で27日に行われる「クイーンズ駅伝in宮城 第42回全日本実業団対抗女子駅伝競走大会」の監督会議が26日、仙台市内で行われ、最終オーダーが決まった。今夏の世界選手権に3種目出場した注目の新人、田中希実(豊田自動織機)は1区(7・6キロ)で登場し、有力選手と争うことになった。

 1区は、前回大会でチームの初優勝に貢献した佐藤早也伽(積水化学)、世界選手権代表の松田瑞生(ダイハツ)らマラソン勢に、トラックのエース格、萩谷楓(エディオン)が名を連ね、有力チームは序盤から勝負をかける。田中の高校時代のライバル、和田有菜(日本郵政グループ)も入った。

 最長3区(10・9キロ)も豪華な顔ぶれ。東京オリンピック・マラソン8位入賞の一山麻緒(資生堂)に同代表の前田穂南(天満屋)、1万メートル日本記録保持者の新谷仁美(積水化学)、日本選手権1万メートル2連覇中の広中璃梨佳(日本郵政グループ)が激突する。

 終盤の勝負どころの5区(10・0キロ)は、世界選手権1万メートル代表の五島莉乃(資生堂)、日本郵政グループから移籍した鍋島莉奈(積水化学)、東京五輪マラソン代表の鈴木亜由子(日本郵政グループ)が入った。【岩壁峻】