【クイーンズ駅伝展望】JP日本郵政グループは廣中璃梨佳の絶対的強さを生かせるか!カギを握る鈴木亜由子の復活

【クイーンズ駅伝展望】JP日本郵政グループは廣中璃梨佳の絶対的強さを生かせるか!カギを握る鈴木亜由子の復活

JP日本郵政グループは、チームを引っ張る廣中璃梨佳(22)を生かす駅伝ができるかどうか。廣中はトラックでは日本新記録と五輪入賞、駅伝では中学以来すべて区間賞という強さを見せる。クイーンズ駅伝in宮城2022(第42回全日本実業団対抗女子駅伝)は11月27日、宮城県松島町をスタートし仙台市弘進ゴムアスリートパーク仙台にフィニッシュする6区間42.195kmで行われる。

前回4位で3連勝を逃した日本郵政のカギを握るのは、東京五輪マラソン代表だった鈴木亜由子(31)だろう。9月のベルリン・マラソンで好走したが、前回1区で区間14位と失敗した駅伝でも、本来の走りを取り戻せば廣中と二枚看板になる。

6番目の選手の力は過去最高だと高橋昌彦監督は言う。鈴木以下の選手全員が調子を上げれば、廣中の爆発力が大きな威力を発揮しそうだ。

 

中学以来の連続区間賞を意識しない

廣中のクイーンズ駅伝は入社1、2年目は1区で連続区間賞。昨年初めて3区に出場し、34分24秒で3年連続区間賞を獲得した。新谷仁美(34・積水化学)の持つ区間記録には56秒及ばなかったが、区間歴代2位の記録を上回った。10人抜きで12位から2位に浮上する快走だった。

取材で廣中は「初めての最長区間で緊張しました」と1年前を振り返った。

「タフなレースでしたが一つ、いい経験になったと思います。自分の中で自信がつきました。長い距離を走りきれたという自信です」

3連勝を逃したことについては「(創業)150周年ということもあり、郵便局の皆さんがたくさん応援しにきてくれた中で3連覇できず、悔しさが大きかったです」と落胆したことを明かした。「でも今の自分たちの力を受け止めることになりました。いい意味で次につながったと思います」

今年の駅伝に対しては「去年の自分たちにカラーがあったように、今年は今年のカラーがあります。去年の自分を超えるような走りをしたい」とコメントした。

そのために廣中個人が期待されるのは、3区であれば自身の前回のタイムを超えること。5区なら昨年五島莉乃(25・資生堂)がマークした区間記録を破ることも可能だと、高橋昌彦監督は期待する。1区であれば自身の区間記録更新ということになる。廣中は単に区間賞を取ればいいという立場ではなく、区間2位を引き離す役割が期待されているのだ。

その一方で高橋監督は、廣中に大きなプレッシャーをかけたくないというスタンスで指導している。「廣中は中学からすべての駅伝で区間賞を取り続けていますから、駅伝になると周囲の期待も、自身への期待も大きくなっています。これは苦しいと思いますよ。本人には負けてもいいから、と言っています」。廣中自身が持つ1区の区間記録も、そう簡単に破れる記録ではない、ということも指導者として理解を示す。昨年の3区区間賞も、廣中本来の走りではなかったのかもしれない。

区間賞を意識しないで自分の走りに集中することで、廣中の爆走が引き出される可能性は大いにある。