児玉芽生が女子100メートルで日本歴代2位の11秒24 福島千里の日本記録に0秒03に迫る

引用元:スポーツ報知
児玉芽生が女子100メートルで日本歴代2位の11秒24 福島千里の日本記録に0秒03に迫る

◆陸上 全日本実業団対校選手権 第2日(24日、岐阜メモリアルセンター)

 女子100メートル予選で、世界選手権代表の児玉芽生(23)=ミズノ=が、日本歴代2位となる11秒24(追い風1・3メートル)を叩き出した。福島千里の日本記録11秒21に0秒03に迫る快走に会場からは驚きの声が上がった。20年9月の自己ベスト11秒35から一気に縮め、「ちゃんと力通り走れば11秒2台を出せる練習の質だった。もうちょっといきたかった」と悔しがった。決勝では11秒39(無風)で走り抜け初優勝した。

 世界選手権は400メートルリレーで日本記録を更新したが7位予選落ち。世界の壁の高さを肌で感じ「(個人レースは)世界では2本良い記録でそろえることが必要。予選からタイムを狙っていた」と意識が変わった。この日の決勝タイムも「前までは速いと思っていたが、全然ダメだなという気持ちになれている」。貪欲に成長を続ける23歳が日本記録を塗り替える日は、そう遠くない。(手島 莉子)

フォローする