リオで「銅」、五輪で日本競歩初のメダル…荒井広宙が引退表明「さっぱりしている」

 2016年リオデジャネイロ五輪陸上男子50キロ競歩銅メダリストの荒井広宙(ひろおき)(34)(富士通)が24日、現役引退を表明した。 リオ五輪での日本競歩勢初のメダル獲得に続き、17年世界選手権50キロ競歩では銀メダル。全日本実業団対抗選手権1万メートル競歩が引退レースとなり「さっぱりしている。一区切りついた」と語った。

フォローする