【陸上】坂井隆一郎が10秒21で男子100m優勝「来年の世界陸上の標準切れるように頑張る」

引用元:日刊スポーツ
【陸上】坂井隆一郎が10秒21で男子100m優勝「来年の世界陸上の標準切れるように頑張る」

<陸上:アスリートナイトゲームスイン福井>◇第2日◇20日◇福井県営陸上競技場◇男子100メートル決勝

 陸上のアスリートナイトゲームスイン福井が20日、福井県営陸上競技場で行われ、男子100メートル決勝で世界選手権代表の坂井隆一郎(24=大阪ガス)が10秒21(無風)で優勝を飾った。

 スタートから体一つ抜け出すと、後半も加速を保ってフィニッシュした。予選は全体トップの10秒23で通過。「優勝できて良かった」と口角を上げた。

 米オレゴン州で行われた7月の世界選手権では個人種目の100メートルで準決勝に進出し、400メートルリレーでも得意のスタートを武器に第1走を務めた。23年世界選手権ブダペスト大会の参加標準記録が、オレゴン大会から0秒05縮まって10秒00と水準が上がった。自己ベスト10秒02の成長株にはさらなる飛躍が期待される。今後に向けては「これから勝負にこだわって、来年の世界陸上の標準を切れるように頑張っていきたい」と意気込んだ。