五輪マラソン・競歩開催に向け、秋元克広札幌市長が決意表明「ONE TEAM」 大会組織委・森喜朗会長と会談

引用元:スポーツ報知
五輪マラソン・競歩開催に向け、秋元克広札幌市長が決意表明「ONE TEAM」 大会組織委・森喜朗会長と会談

 2020年東京五輪のマラソンと競歩の札幌開催を巡り7日、大会組織委員会の森喜朗会長(82)が来札、鈴木直道北海道知事(38)、秋元克広札幌市長(63)と会談した。鈴木知事は、早急な準備体制作りと大会経費の組織委負担を“直談判”。秋元市長は、SNS上などでの札幌開催批判などに対し「ONE TEAM」で乗り切る決意を明らかにした。8日には札幌市内で組織委、道、札幌市による初の実務者連絡会議が開かれる。

 午後1時、道庁を訪れた森会長は鈴木知事と握手を交わし、開催地変更の経緯を改めて説明、協力を要請した。これに対し鈴木知事は「お話をいただき、重く受け止めなければならないと思っています」とした上で「私から森会長に2点、お話があります」と切り出した。

 まず挙げたのは早急な体制作りの要請。「開催が決まった札幌市民、道民にも期待と不安の声がある。大会成功に向けた機運や今までの活動に対して、水を差す状況にしてはいけない。そのためには関係者すべてが一つになる体制作りで、森会長を始め組織委に汗を流してほしい」と要望した。森会長は、8日に組織委員会の武藤敏郎事務総長らが来札し大通公園を視察、道、札幌との実務者連絡会議を行うことを明言。組織委員会は札幌に支部を設ける方針で、大会に向けスムーズな運営を目指す。

 2つめは大会経費。「基本的に組織委が負担していただくと認識している。ボタンの掛け違いにならぬよう、確認させていただきたい」と知事。これに対し森会長からは「できるだけ経費をかけず、北海道にご迷惑はかけないようにしたい」と前向きな答えを引き出した。

 引き続き森会長は秋元市長を訪問。2030年冬季五輪招致も目指す同市に、森会長は開催地変更を決めたIOCが「札幌が1972年五輪開催都市として親しみを感じ、将来のことも考えているようだ」と説明。一方、秋元市長は「組織委に日程、コースを早期に決定いただいて、検討の際には市民生活への影響を少なくしてほしい」と要請した。

 秋元市長はその後の定例会見で、SNS上で札幌開催へ賛成、反対意見の応酬が激しくなっている問題に対して「冷静に、ディスられたからやり返すのではなく、自分たちのいい所を発信し、ワンチームとなり、『札幌でやって良かったね』と言われる大会にしたい」と期待をよせた。(小林 聖孝)

フォローする