男子100m 予選で飛び出た「9秒79」に米ファン衝撃「速すぎる」「インクレディブルだ」【世界陸上】

引用元:THE ANSWER
男子100m 予選で飛び出た「9秒79」に米ファン衝撃「速すぎる」「インクレディブルだ」【世界陸上】

 オレゴン世界陸上が15日(日本時間16日)、米オレゴン州ユージンのヘイワード・フィールドで開幕した。男子100メートルでは、予選にもかかわらず9秒台が続出。サニブラウン・ハキーム(タンブルウィードTC)も9秒98(向かい風0.3メートル)をマークしたが、米国のフレッド・カーリーは衝撃の9秒79を叩き出した。米ファンからも「速すぎる」「クレイジー」と驚きの声が上がった。

 サニブラウンが7組1着で予選通過を決めた男子100メートル予選。2組で驚きの記録を叩き出したのはカーリーだ。好スタートから一気に先頭に立つと、そのままフィニッシュ。タイムは予選としては驚きの9秒79だった。事もなげに、ドヤ顔を浮かべていた。

 この組は9秒台を3人がマーク。全体で7人が9秒台を叩き出していた。予選からの高速レースに米ファンからも驚きの声が上がった。「ワールド・アスレティックス」公式ツイッターは「冗談ではない。五輪銀メダリストが100メートルで9秒79を記録。メジャー大会では最速のタイムだった。ヒストリー」とカーリーの記録を紹介すると、「9秒7台かよ」「インクレディブル」「オーケー、素晴らしすぎる」「速すぎる」「必見だ」「クレイジー」「決勝が楽しみだ」などとコメントが集まった。

 日本勢はサニブラウン、10秒12(追い風0.2メートル)の4組3着だった坂井隆一郎(大阪ガス)がともに予選を通過。16日(同17日)に準決勝と決勝が行われる。