五輪男子マラソン、最終日から前倒しへ 森会長が見通し

引用元:毎日新聞
五輪男子マラソン、最終日から前倒しへ 森会長が見通し

 2020年東京五輪のマラソンと競歩の札幌開催について、大会組織委員会の森喜朗会長が7日、札幌市を訪れ、鈴木直道北海道知事、秋元克広市長と相次いで会談し、協力を要請した。森会長は「経費は北海道に迷惑を掛けないようにしたい」と負担を求めない意向を初めて明らかにした。大会最終日の8月9日に実施予定だった男子マラソンについては「日程は大きく変わる」として、前倒しになる見通しを示した。

 マラソンと競歩の経費は、国際オリンピック委員会(IOC)と国、東京都、組織委が1日、トップ協議を開き、都が札幌移転を事実上容認し、費用は負担しないことで合意している。

 IOC側が費用分担の協議相手として挙げていた道や札幌市は、「大会運営費は組織委負担が原則」と主張し、知事と市長は7日、「組織委が負担するのが基本だ」などと改めて述べた。森会長は「今はどこが持つかは言えない」としており、今後も負担先の調整が続くとみられる。

 また森会長は会談で、大会最終日の予定だった男子マラソンを巡り、レース後の選手を東京の閉会式に輸送する必要があり、ドーピング検査の時間確保も難しいため、「今のままでは無理。日程を変更する必要がある」と述べた。マラソンと競歩は、国際陸上競技連盟が現行の5日間から3日間に短縮し、経費を抑制する方向で検討している。森会長は日程案について「明日にでも決めていただければ」と述べた。

 8日には組織委の武藤敏郎事務総長らが札幌を訪れ、マラソンコースの発着点として有力視される大通公園を視察。道・市の担当者らと実務者協議を開く。【土谷純一】

フォローする