【陸上】1956年メルボルン五輪女子走幅跳代表の高橋ヨシ江さんが死去 90歳 日本陸連理事などを歴任

引用元:月刊陸上競技
【陸上】1956年メルボルン五輪女子走幅跳代表の高橋ヨシ江さんが死去 90歳 日本陸連理事などを歴任

女子走幅跳で1956年メルボルン五輪に出場し、54年のアジア大会では金メダルを獲得している高橋ヨシ江(現姓・浜松)さんが15日、脳梗塞のために亡くなった。90歳だった。

高橋さんは群馬県出身。旧制前橋女学校に入学後に陸上部に入部し、50年のインターハイの走幅跳で5位に入るなど早くから活躍。中大に進学後は日本選手権で3度の優勝を飾り、在学中に4×100mリレーでインカレ3連覇を遂げている。54年にフィリピン・マニラで行われたアジア大会では、最終跳躍で同じ日本代表の南部敦子を逆転し、5m68で優勝。2年後のメルボルン五輪は決勝進出まであと2cmのところまで迫った。

引退後は中大女子陸上部の監督を長く務めたほか、93年から4年間は女性として初めて日本陸連の理事を歴任した。

フォローする