美女モデルが登山の感動を発信する人気YouTuberに。「山で誰かとすれ違う時、ツラそうな顔をしなくなりました(笑)」

美女モデルが登山の感動を発信する人気YouTuberに。「山で誰かとすれ違う時、ツラそうな顔をしなくなりました(笑)」

登山YouTuber・モデル山下舞弓インタビュー 前編

本格的な登山からゆるっと楽しむ山旅まで素敵な映像で紹介しているYouTubeチャンネル『オトナ女子の山登り』が人気の山下舞弓さん。彼女の美しさに惹きつけられるのもそのはず、キャリア20年以上のモデル・タレントなのだ。今や登山関連のメディアに引っ張りだこの彼女だが、どのように登山に目覚めたのだろう。春のハイキングを楽しみながら、インタビューした。

「なにこれ、山ってすごく楽しい!」

ーー昔ながらの登山のイメージはキツくて、汚くて、汗臭いですが、山にこんな美しい人がいるなんて……とうれしい驚き。山下さんはどういうきっかけで登山を始められたのですか?

山下舞弓(以下、山下) 10年くらい前ですかね、登山に出会う少し前からマラソンをしていました。当時、名古屋に住んでいたんですけど、夏は暑くて練習ができなかったんですよ。困っていたら、友人が「山は、夏でもダウンを着るくらい涼しいんだよ!」と教えてくれて。それで連れて行ってもらった初登山が、八ヶ岳の赤岳でした。

ーーいきなり八ヶ岳の最高峰(2899m)とは、チャレンジャーですね。

山下 友人に「フルマラソンを完走したこともあるし、体力あるからいけるよ!」と言われて。1泊2日で硫黄岳~赤岳~阿弥陀岳という縦走コースだったんですけど、その登山が本当によかったんです! 稜線を歩くのがとにかく楽しくて。雲ひとつない青空が広がっていて、富士山が眺められて、岩場や鎖場をよじ登るのも新鮮で……。「なにこれ、山ってすごく楽しい!」と惚れて、ちょこちょこ行くようになりました。

ーー山下さんは長野県内のテレビ番組やCMで活躍されていて、地元では「舞弓おねえさん」と親しまれる有名人。長野には、いい山がいっぱいありますよね!

山下 テレビの仕事をするために長野に通っていた約10年間、いつも眺めていただけだった南アルプスや中央アルプスに登るようになってどんどん登山にハマっていきました。連れて行ってくれる友人が本格的な山志向だったので、当時は軽いハイキングとかではなく、けっこうハードな登山ばかり。ウエアや装備は、最初借りようかなと思ったんですけど、「借りたら続けなくなってしまう」と言われて、そろえました。「一式そろえたんだからやるしかない!」と(笑)。

ーー登山の次のステップになったのは?

山下 始めて3年目くらいにひとりで山へ行こうと思い、それからはソロでも月1回のペースで登るように。低山のハイキングなどでは、山ごはんづくりも楽しむようになりました。

 山は、行くたびに表情が全然違うのがすごく新鮮で。春夏秋冬、天候によっても、同じ山でもまったく違う景色を見せてくれる。一期一会が楽しくて、飽きることなく続けています。

 2019年に長野県伊那市に移住してからは、フィールドがすぐそばになって。クルマで1時間以内でいろんな登山口へ着けるので、2週間あけることはなかったですね。