陸上メダリスト・塚原直貴さんが自動車販売店に入社 無類の車好き「熱い気持ちで」…家族と過ごす第2の人生【長野発】

陸上メダリスト・塚原直貴さんが自動車販売店に入社 無類の車好き「熱い気持ちで」…家族と過ごす第2の人生【長野発】

メダリストの新たな一歩。

オリンピックの陸上・男子4×100メートルリレーで銀メダルを獲得した塚原直貴さん。長野県佐久市に拠点を移し、自動車販売店で働いている。家族と一緒に人生を歩むための決断だ。

自動車販売店で生き生きと働く

佐久市の「ドリームカープロデュース」。主に輸入車の販売・整備を手掛けている。

手際よく車を洗う男性スタッフ。タイヤも丁寧に磨く。

塚原直貴さん:

最近こういう切削タイプのホイールが多いんで、輸入車はどうしてもブレーキダストが多いんですよ。(ホイールの色が)黒じゃないと、汚れているなっていうのが目立つので。

――タイヤは大事?

塚原直貴さん:

大事ですね。だってこの面積でしか地面に接するところがないので、ここの仕事量っていうのはものすごく多い

仕事への情熱と豊富な知識。まるでベテランスタッフのようだが、そうではない。

2022年1月に入社したばかりの塚原直貴さん。そう、あのオリンピックメダリストだ。

佐久で新たな生活をスタートさせた。

選手・指導者として陸上界で大活躍

塚原さんは岡谷市出身。日本選手権の男子100メートルで3連覇を果たし、2008年北京オリンピックの代表となった。男子4×100メートルリレーでは、第一走者として力強い走りを見せ、オリンピックの男子トラック種目で史上初となるメダル獲得に大きく貢献した。

塚原直貴さん(当時):

最高です、本当に歴史の立役者の一人になれて良かった

2016年のシーズンを最後に現役を引退。所属企業の富士通で、陸上の指導などをしてきた。

2021年2月からはアスリートを育成する会社に入り、トラッククラブの監督を務める一方、母校・東海大学で短距離のコーチに就任。同じ長野県出身でオリンピック代表になったデーデー・ブルーノ選手らの指導にあたってきた。

陸上への“恩義”と家族への思い

ただ、ここ数年、塚原さんは後ろめたさを抱えていた。引退前の2015年に結婚し家庭を築いていたが、ずっと神奈川に単身赴任。妻と3人の子は埼玉から妻の実家のある佐久穂町に移り、離れ離れの時間が長くなっていた。

塚原直貴さん:

3人の子どもを奥さん1人でっていうのは、どこかで申し訳ないなと思いながらも、陸上に対しては「恩義」がありますし、引き続き(指導者を)やっていたんですけども…。どうしても子どものことは頭から離れずにいて、そばにいなければと。家族もう一回再合流して、ちゃんとやっていこうという腹積りで来ているので

思い切ってアスリート育成の会社を辞め、佐久市に拠点を移した。