陸上の桐生祥秀が新型コロナ感染 発熱の症状、現在は容体安定

引用元:日刊スポーツ
陸上の桐生祥秀が新型コロナ感染 発熱の症状、現在は容体安定

陸上男子短距離の桐生祥秀(26=日本生命)が新型コロナウイルスに感染したと、所属事務所が27日、発表した。所属事務所によると、発熱があったため医療機関にてPCR検査を受検したところ、25日に陽性判定されたという。現在は容体は安定しており、今後は保健所の指示に従い療養する予定としている。

桐生は昨年の東京オリンピック(五輪)で2大会連続出場し、16年リオデジャネイロ五輪男子400メートルで銀メダルを獲得。17年には100メートルで日本人史上初の9秒台となる9秒98(追い風1・8メートル)をマークした。

フォローする