【陸上】新設の世界陸連クロカンツアーのゴールド大会がスタート!パリマラソンなど各地でロードレース

引用元:月刊陸上競技

世界陸連(WA)のクロスカントリーツアー・ゴールドラベルの大会が10月16日、カーディフ(英国)でが開催され、男子(9.6km)はH.ミルナー(英国)が27分18秒で、女子(6.4km)はC.アルター(英国)が20分11秒で優勝した。このツアーは今季から新しく実施されているもので、ゴールドラベルの大会は今回を皮切りに全16回。次戦は10月24日にアモレビエタ(スペイン)で行われる。

そのほか今週末は各地でロードレースの大会が行われた。

17日のフランス・パリで行われたパリマラソンでは、男子はE.ロティッチ(ケニア)が2時間4分21の自己新で優勝。K.ベケレ(エチオピア)が保持していたコースレコード(2時間5分03秒)を更新した。女子の優勝はT.メムヤ(エチオピア)で、タイムは2時間26分12秒だった。

同日にバルセロナ(スペイン)で行われたハーフマラソンでは男子がH.テケル(エチオピア)が59分39秒、女子はS.C.ツエイ(ケニア)が1時間07分12秒で制覇。同じく17日のローマ=オスティアハーフらマラソンでは女子のJ.C.テレ(ケニア)が1時間06分35秒の自己新でコースレコードを更新。男子はA.アブデラ(エチオピア)が59分54秒で優勝した。

フォローする