箱根駅伝出場の10枠巡って41チーム火花…23日予選会、上位10人の合計タイム競う

 「第98回東京箱根間往復大学駅伝競走」(関東学生陸上競技連盟主催、読売新聞社共催)の予選会が23日、陸上自衛隊立川駐屯地で行われる。昨年に続き、新型コロナウイルス感染対策でコースを駐屯地内に限定し、無観客で実施される。41チームが本大会出場の10枠を争う。

今年も無観客開催

 予選会は1周約2・6キロの滑走路を約8周するハーフマラソン(21・0975キロ)の距離でタイムを競う。 各チームからはトラック1万メートル34分以内の公認記録を持つ10~12人が出場(エントリーは10~14人)。上位10人の合計タイムがチーム記録となり、合計タイムが速い上位10チームが、来年1月の本大会の出場権を得る。前回の本大会上位10チームは、シード校として本大会出場が決まっている。 予選会は、日本テレビが23日午前9時25分から生中継する。BS日テレでは同日午後7時から録画放送予定。CS放送「日テレジータス」は、31日午後8時半から「特別編」を放送する予定だ。 読売新聞が例年、予選会直後に配布する「特別号外」は、新型コロナ感染防止のため、今年も発行しない。

■拓殖大…新環境、全体を底上げ

 2年連続で予選会から本大会出場を目指す拓殖大。今春、寮が調布市から八王子市郊外のキャンパス内に移転した。これまでは週1回程度しかできなかったトラック練習が、新たな寮の目の前にあるグラウンドでこなせるようになり、チームの課題だった、スピード不足解消に取り組んできた。 その成果は9月に行われた「日体大長距離競技会」で表れた。ジョセフ・ラジニ選手(3年)が1万メートルで27分25秒65をマークし、日本学生記録を更新。ケニア出身のエースは「良いコンディションを保てている」と笑顔を見せる。山下拓郎監督は「下級生も含め、全体が底上げされている」と話す。 今年、陸上競技部は創部100年の節目を迎えた。合田椋主将(4年)は「本大会で101年目の『新たな拓大』の姿を見せるためにも、練習の成果を予選会で発揮したい」と意気込む。

フォローする