【陸上】仙台育英が男女ともに30回目の優勝で全国へ 男子は2時間3分46秒、女子は1時間7分12秒/宮城県高校駅伝

引用元:月刊陸上競技
【陸上】仙台育英が男女ともに30回目の優勝で全国へ 男子は2時間3分46秒、女子は1時間7分12秒/宮城県高校駅伝

◇宮城県高校駅伝(10月17日・宮城県岩沼市)

年末の全国高校駅伝(12月26日/京都)の出場権を巡って、その予選会となる都道府県高校駅伝がスタート。宮城では、仙台育英が男子(7区間42.195km)、女子(5区21.0975km)ともに節目の30回目の優勝を達成した。男子は2時間3分46秒で7連覇、女子は1時間7分12秒で30連覇。2年前の全国大会で男女Vを達成したチームは、全区間区間賞で圧勝した。

男子は5~7mの風が吹くあいにくのコンディションだった。仙台育英の1区・吉居駿恭(3年)は利府・野沢悠真(3年)と競り合いとなったが、終盤にスパート。昨年の全国大会1区7位の実力者はその意地を見せて29分37秒で首位中継した。

2区以降は後続を引き離して独走したが、強風で個人記録は今ひとつ伸びず。目標としていた2時間1分30秒には2分余り届かなかった。

「風が吹いていても2時間2分台は出したかったですね。このままでは全国大会は難しいと思いますが、反省点があったことは都大路に向けてプラスになります」と真名子圭監督。4区の堀颯介主将(3年)は「強さを身につけたいです」と気を引き締めていた。

男子に先立って行われた女子は、レース中盤まで風が弱く比較的好条件。その状況で仙台育英は1区・米澤奈々香(3年)の快走が光った。

スタートしてまもなく先頭に立った米澤。今夏のインターハイで1500m2位、3000m3位といずれも日本人トップを占めたエースは中間点を9分19秒で通過すると、後半もハイペースを保って18分37秒で駆け抜けた。「2区以降の後輩たちのために、いい流れを作りたかったので良かったです」。

2、3、4区は高校駅伝デビューとなった1年生が独走しながらもリードを拡大。アンカーを務めた∪20日本選手権3000m覇者の杉森心音(2年)は、強くなってきた風を受けつつも15分49秒で2位をさらに引き離した。

釜石慶太監督は「目標が1時間7分30秒だったので、1時間7分12秒は良かったです。力のある1年生が多いですが、故障から復調して練習を積めている上級生もいるので、全国大会ではベストメンバーを組めるようにしていきたいです」と話していた。

昨年の全国大会では2年連続男女Vを目指したものの、男子が2位、女子は3位に終わった仙台育英。年末の優勝奪還へ戦力を整えていく。

この日は青森県高校駅伝も行われ、男女ともに青森山田が制覇。男子は大会新記録の2時間6分16秒で6年連続27回目、女子は1時間12分10秒で29連覇を果たした。

■仙台育英の成績

●男子 2時間3分46秒(いずれも区間賞)

1区(10km) 吉居駿恭(3年) 29.37

2区(3km) 高橋海童(3年) 8.15

3区(8.1075km) ボニフェス・ムテチ(2年) 23.49

4区(8.0875km) 堀 颯介(3年) 23.43

5区(3km) 杉浦蒼太(1年) 8.57

6区(5km) 大西柊太朗(2年) 14.24

7区(5km) 佐藤 蓮(2年) 15.01

●女子 1時間7分12秒(いずれも区間賞)

1区(6km) 米澤奈々香(3年) 18.37

2区(4.0975km) 須郷柚菜(1年) 13.36

3区(3km) 渡邉来愛(1年) 9.36

4区(3km) 鈴木瑠夏(1年) 9.34

5区(5km) 杉森心音(2年) 15.49

フォローする