男子100mは小池祐貴が10秒19で初優勝 全日本実業団陸上

引用元:毎日新聞
男子100mは小池祐貴が10秒19で初優勝 全日本実業団陸上

 陸上の第69回全日本実業団対抗選手権(毎日新聞社共催)第2日は25日、大阪市のヤンマースタジアム長居ほかであり、男子100メートルは東京オリンピック代表の小池祐貴(住友電工)が10秒19(向かい風0・5メートル)で初優勝した。女子100メートルは青木益未(七十七銀行)が11秒60で制した。

 男子1500メートルはタイムレースで実施され、日本記録保持者の河村一輝(トーエネック)が3分40秒41で2位に入った。ジャスティス・ソゲット(ホンダ)が3分39秒91で優勝した。

フォローする