【陸上】Hondaの小山が男子10000m日本人トップ 五輪代表・伊藤らと切磋琢磨して成長/全日本実業団

引用元:月刊陸上競技
【陸上】Hondaの小山が男子10000m日本人トップ 五輪代表・伊藤らと切磋琢磨して成長/全日本実業団

全日本実業団対抗(9月24~26日/大阪・ヤンマースタジアム長居)2日目

タイムレースで行われた男子10000mは持ち録上位が集った最終3組が上位を占め、残り1周からのスパート勝負を制したリチャード・キムニャン(日立物流)が27分44秒51が優勝。日本人トップは3組7着だった小山直城(Honda)で、28分01秒42で総合でも7位だった。

日が暮れても蒸し暑さが残るコンディションの中で、最初の1000mを2分44秒のハイペースで通過。その先頭集団で小山は積極的なレースを見せた。

4000mを11分10秒で通過したあたりで集団が外国勢と日本勢の2つに分かれたが、小山は外国勢の先頭争いに食らいつく。7000mを過ぎていったんはそこから離れそうになるが、8200mでもう1度集団に追いつく熱走。さすがにラストの優勝争いには置いて行かれたが、「この気温だったので、タイムというよりも日本人トップを狙っていました」という目標達成のフィニッシュを果たした。

埼玉・松山高3年時に全国都道府県対抗男子駅伝4区で区間賞に輝き、埼玉県チームの優勝に貢献。東農大では2年時に箱根駅伝で関東学生連合の一員として4区に出走した経験を持つが、ビッグゲームの実績はそれほどない。

だが、Hondaに入社して徐々に力をつけ、全日本実業団対抗駅伝(ニューイヤー駅伝)では2年連続1区を務めて3位、5位と好走。3年目の今季は5000m(13分38秒81)、10000m(27分55秒16)といずれも自己新をマークしている。成長の要因は、さまざまな種目で活躍するチームメイトの存在だ。

今夏の東京五輪には10000mで伊藤達彦、3000m障害には青木涼真が出場。さらにマラソンの元日本記録(2時間6分16秒)保持者・設楽悠太、歴代5位(2時間6分26秒)の土方英和ら充実のメンバーがそろう。この夏、そんな選手たちとともに充実のトレーニングをこなし、「しっかりと力をつけることができました」と手応えを口にする。

今後は、初優勝を目指すニューイヤー駅伝を軸とした流れになるが、「年明けには30kmの大会に挑戦して、それがなければ一気にマラソンに挑戦したい」とロードへの参戦を見据える。

掲げる目標は「マラソンで世界大会に出場したい」。この夏は初めて36km走など30km超の走り込みをこなし、インターバルの本数も増やすことができている。

「作田選手(将希/JR東日本)が持っている初マラソン日本最高(2時間7分42秒)を目指したいと思っています」と意欲を見せる木村。その下地は整いつつある。

フォローする