【陸上】三段跳・伊藤陸が日本人3人目の17m超え!41年ぶり走幅跳と2冠/日本IC

引用元:月刊陸上競技
【陸上】三段跳・伊藤陸が日本人3人目の17m超え!41年ぶり走幅跳と2冠/日本IC

◇日本インカレ(9月17~19日/埼玉・熊谷スポーツ公園)3日目

第90回日本インカレ3日目、男子三段跳で大きく歴史が動いた。

今大会、走幅跳を8m05で制している伊藤陸(近大高専)。もう一つの専門種目である三段跳は2連覇中だった。伊藤は1回目から16m51(+1.6)と自己ベストを更新すると、3回目には16m82(+0.7)のビッグジャンプ。そして迎えた4回目、大きな跳躍を見せる。自身は首を捻ったものの、表示された記録は17m00(+1.3)。その数字を見ると喜びを爆発させた。

日本歴代3位、日本人3人目の17m超え、学生では初の大台。ユージン世界選手権の参加標準記録まであと14cmに迫った。走幅跳8m、三段跳17mの両方を達成したのは日本人で初めて。なお、日本インカレでこの2種目2冠は49回大会の中西正美以来、41年ぶりの快挙だった。

フォローする