桐生祥秀、1日3本250m走ってV レース後は充実の笑顔「久々の3本は結構しんどかった」

引用元:THE ANSWER
桐生祥秀、1日3本250m走ってV レース後は充実の笑顔「久々の3本は結構しんどかった」

 陸上のアスリートナイトゲームズイン福井が28日、福井県営陸上競技場で開催され、男子100メートル決勝は桐生祥秀(日本生命)が10秒18(無風)で優勝した。会見では、レース前に実施した50メートル走をベースにした新種目「Sprint50」にも出場。「久々に3本走りましたが、結構しんどかった」と笑顔で振り返った。

 桐生はこの日、予選前に自ら考案した新種目「Sprint50」を実施。小学生6人と50メートル走をベースにした新たなスプリント種目で対決し、5秒87(向かい風1.4メートル)で圧勝した。その約2時間後に行われた100m予選では10秒36(向かい風1.1メートル)と全体1位の記録をマーク。決勝でも貫禄を見せ、表彰式でもらった花束を子供にあげるなどしていた。

 レース後、桐生は「久々に3本走ったので、結構しんどかったです」と充実感を漂わせた。最近、海外選手とのパワーの違いを感じるようになったことがきっかけで、ウェートトレーニングにより力を入れ始め、この日は以前より腕を使うような走り方にフォームチェンジを試みた。「筋肉をつけると走りづらいというけど、そんなことは言ってられない」と語った。

 新種目「Sprint50」は、運動会がイメージにあった。50メートル走は、日本ではなじみ深い。「今回5秒87というのが一つの基準になった。色んな人に挑戦してほしい」。陸上短距離の選手に関わらず、様々な競技、年代の人が関わる種目になってほしいと願っている。

 東京五輪後の初レースとなったこの大会で今季は終了。「万全の状態(で走ること)がほぼゼロだった。まずは怪我しないように心がけたい」と来季の目標を語った。

フォローする