陸上男子リレー決勝進出「ベストレースを」

陸上男子リレー決勝進出「ベストレースを」

◆東京五輪・大会14日目、8月5日、陸上男子400メートルリレー、東京・国立競技場

5日、陸上男子400メートルリレー予選1組目に日本代表チームが出場。レースには多田修平選手、山縣亮太選手、桐生祥秀選手、小池祐貴選手(走順)が走りました。

4レーンの日本は多田選手が上々のスタート。終盤フランスの激しい追い上げを受けましたが、アンカーの小池選手が粘って38.16秒で3着とし、2組目の結果を待たずに着順で決勝進出を決めました。

陸上男子400メートル決勝は8月6日に行われます。 

以下、レース後の選手たちのコメント。

─多田選手

自分だけを見て、走ることに集中していた。隣のレーンは見ずに、(第2走者の)山縣さんだけを見て走った

─山縣選手

リレーが1本目だったのでどうなるかというところはあったが、1本走って少し気持ちが楽になった

バトンは全体的に安全バトンだったと思う

─桐生選手

今回(東京五輪で)初めて走って、雰囲気とかが分からない状態で1本走れたのは大きな収穫 

─小池選手

(第3走者の)桐生選手のことだけを見て落ち着いて待っていた。バトン自体はうまくいって自分の走りができた

─山縣選手

決勝ではチーム一丸となって、ベストレースをしたいと思う。応援よろしくお願いします

写真:長田洋平/アフロスポーツ

フォローする