「ちょっと待ってください。酸欠で」競技後のマスク、模索続く 東京五輪

引用元:神戸新聞NEXT
「ちょっと待ってください。酸欠で」競技後のマスク、模索続く 東京五輪

 2日の飛び込み会場。男子板飛び込み予選を終えた寺内健(ミキハウス、兵庫県宝塚市出身)が、ミックスゾーンと呼ばれる取材エリアを訪れた。

 マスク姿で話し始め、しばらくたつと、「ちょっと待ってください。酸欠で」。着けたまま呼吸を整え、再開した。

 同じ日、陸上女子1500メートルの予選後には、日本新記録を出した田中希実(豊田自動織機TC、西脇工高出身)が息も絶え絶えにテレビインタビューの場に到着。時折、口からマスクを少し離して息を吸い、でも着けたまま言葉を紡ぐ。会員制交流サイト(SNS)では「かわいそう」「ゼーハーしてるのにマスクしなきゃダメ?」などの声が相次いだ。

 新型コロナウイルス感染を防ぐため、ミックスゾーンでは選手と報道陣の間に2メートルが確保されている。参加者向けの規則集「プレーブック」には「アスリートはインタビュー時にマスクを外すことができます」とある。

 それでも結果的に、マスク姿の選手が多い。感染は防ぎたいが、着用のタイミングによっては体に過度な負荷がかかる。未曽有の状況下、選手も関係者も模索を続けている。(藤村有希子)

フォローする