広中 女子5000で9位も16年ぶり日本新「自分に挑戦する気持ちでレースに」

広中 女子5000で9位も16年ぶり日本新「自分に挑戦する気持ちでレースに」

 ◇東京五輪第11日 陸上(2021年8月3日 国立競技場)

 女子5000メートル決勝では広中璃梨佳(20=日本郵政グループ)が16年ぶりの日本新となる14分52秒84で9位に入った。

 惜しくも入賞は逃したが、05年に福士加代子がマークした日本記録を16年ぶりに更新。「自分に挑戦する気持ちでレースに臨んだ。ゴール後も記録がすぐに分からなかったが、塗り替えられて良かった」と涙声で喜んだ。

 白いキャップをかぶった広中は、序盤は先頭で引っ張るなど積極的なレースを展開。中盤に順位を下げたが、3000メートル付近で「スイッチ(切り替え)と思って(帽子を)脱いだ」。ラストは離されたが懸命に前を追い掛けたことが、コンマ38秒の日本記録更新につながった。7日の1万メートルが控えており「1万メートルやこの先の課題にしたい。笑顔でスタートに立ちたい」と話した。

フォローする