【陸上】100mH日本記録保持者・青木益未は左脚ケガが響き予選敗退「やれることはやれた」と感謝の涙

引用元:月刊陸上競技
【陸上】100mH日本記録保持者・青木益未は左脚ケガが響き予選敗退「やれることはやれた」と感謝の涙

◇東京五輪(7月30日~8月8日/国立競技場)陸上競技2日目

陸上競技2日目のモーニングセッション、女子100mハードル予選に出場した青木益未(七十七銀行)は13秒59(+0.4)で7着。予選通過はならなかった。

6月6日の布勢スプリントで、寺田明日香(ジャパンクリエイト)の日本記録に並ぶ12秒87をマークしていた青木。だが、同月末の日本選手権を間に左脚肉離れを発症し、日本選手権は棄権していた。

ワールドランキングで出場権を得て大舞台に立ったが、左脚にはテーピングが。「痛みはなかったので今日は思い切りいこうと思った」と言うが、やはり持ち味のスピードは出せなかった。

「ケガをしてからたくさんの人が私のために時間を割いてくれた」と涙を浮かべた青木。その中でも「残念ですが一生懸命、やれることはできたと思います」と胸を張った。

岡山・創志学園の1年時には100mでインターハイ優勝。期待されたスプリンターだったが、その後は伸び悩みもありハードルに転向した。「不器用」を自認するが、あきらめずにコツコツと試行錯誤しながら、あきらめずにたどり着いた五輪。「オリンピックはパリだと思っていましたが、それより早く経験できた。まだ先があるので、しっかり自分を高めていきたい」と、次の目標を見据えていた。

フォローする