ナイジェリア短距離選手、ドーピングで失格に 東京五輪

引用元:AFP=時事
ナイジェリア短距離選手、ドーピングで失格に 東京五輪

【AFP=時事】ワールドアスレティックス(World Athletics、世界陸連)の独立不正防止機関「アスレチックス・インテグリティ・ユニット(AIU)」は31日、女子短距離のブレッシング・オカグバレ(Blessing Okagbare、ナイジェリア)が薬物検査でヒト成長ホルモン(HGH)に陽性反応を示し、東京五輪で失格となったと発表した。東京五輪の陸上競技におけるドーピング処分は初めて。

 オカグバレは30日に行われた100メートル予選を組1位で通過していた。オカグバレが陽性反応を示した抜き打ち検査は、7月19日に行われたものだという。【翻訳編集】 AFPBB News

フォローする