9秒95山縣亮太、100m五輪代表死守へ心境吐露 「自分は挑戦者」「不安とワクワク」

引用元:THE ANSWER
9秒95山縣亮太、100m五輪代表死守へ心境吐露 「自分は挑戦者」「不安とワクワク」

 東京五輪代表の最終選考会を兼ねた陸上・トラック&フィールド種目の日本選手権が24日から4日間、大阪・ヤンマースタジアム長居で行われる。史上最もハイレベルな争いが期待される男子100メートルの主な選手5人が会見。6日に9秒95の日本新記録を樹立した山縣亮太(セイコー)は、強い意気込みを示した。24日に予選、準決勝、25日に決勝が行われる。

 9秒97の前日本記録保持者サニブラウン・ハキーム(タンブルウィードTC)、自己ベスト9秒98の桐生祥秀(日本生命)と小池祐貴、同10秒01の多田修平(ともに住友電工)、同10秒03のケンブリッジ飛鳥(NIKE)が名を連ねた。激戦の男子100メートル。3位以内で代表内定となる山縣は心境をこう明かした。

「一発勝負で全てが決まるので凄い緊張感を持っています。(過去の選考会と)大きな違いはないですね。独特の緊張感があって、凄く不安な気持ちとワクワクした気持ちと複雑です。今回も過去と同じ気持ちです」

 参加標準記録10秒05を切った上で今大会3位以内に入れば内定。すでに山縣、サニブラウン、桐生、小池、多田の5選手が同記録を突破済みだ。ケンブリッジは昨年8月に自己ベスト10秒03をマークしたが、世界陸連の定めた対象期間外。今大会で再び切った上で3位以内に入らなければならない。

 山縣は2019年6月に肺気胸を発症。同11月には右足首靱帯も負傷した。20年も右膝蓋腱炎を抱え、3年ぶりの日本選手権となる。近年は苦しんできたが、今年は4月末の織田記念国際で雨と寒さの悪条件の中、10秒14(追い風0.1メートル)で優勝。6月6日の布勢スプリントでは9秒95の衝撃タイムで日本記録保持者となった。

「確かに疲れていたのでいつもより回復するのに時間がかかったけど、その後の練習は予定通り。日本選手権に向けた良い練習ができた。日本選手権に向けた課題として、もっとこう走りたいというのが布勢スプリントの直後からあった。記録を出したのは嬉しかったけど、気持ちの面では特に(燃え尽きることは)なかったですね」

 12年ロンドン、16年リオはともに準決勝進出。3大会連続五輪出場へ「もっと良い走りができるという気持ちが強い。勝負を分けるポイントは自分のレースができるかどうかですかね。一本、最後に全力でいく気持ちがあれば行けると思います。(日本記録保持者になっても)チャレンジャーであることに変わりはない。簡単なレースにならないと思っています。今、自分に必要なことに積極的にチャレンジする」と気を引き締めた。

フォローする