「美しさと速さを両立させたい」競歩選手・山西利和

引用元:Tarzan Web
「美しさと速さを両立させたい」競歩選手・山西利和

2019年に早々とオリンピック代表を決めた。地道にコツコツと積み上げてきたことが、社会人1年目にようやく花開いたのである。(雑誌『ターザン』の人気連載「Here Comes Tarzan」、No.809〈2021年4月22日発売号〉より全文掲載)

想像を絶する“歩く”過酷さ。

競歩はスポーツのなかでも、もっとも過酷な競技の一つであろう。一度でもレースを見た人ならわかるが、その光景は凄まじい。歩道にしゃがみ込んで、肩で息をする選手。仰向けに倒れ込んでいる選手もいる。そして、脱落した選手の傍らを淡々と歩き続ける選手。

“とてつもない競技ですね”と、山西に言葉をかけると彼は、「距離や時間が長いからマラソンに似たところはありますね。何が起こるかわからない、不確定要素が多いということは言えます」と、サラリと答える。

しかし、マラソンでは選手がバタバタと倒れることはそれほどない。やはり“歩く”ということが、厳しさにつながっているのであろう。山西が主戦場にしている20km競歩では、トップ選手ならば1kmを3分50秒ほどのペースで歩く。このペースでフルマラソンを走れば、2時間40分ちょっとという計算になる。

もちろん、このペースで40km以上を歩き続けるのは難しいかもしれない。それでも一般ランナーの憧れであるサブ3を歩いて成し遂げてしまえるのだ。ある意味、超人といえよう。

レースを動かせるようになってきた。

さて、山西は2019年にカタールのドーハで行われた世界選手権で金メダルを獲得し、東京オリンピックの代表を手中に収めた。このレースがまた過酷だった。気温32度、湿度77%という条件のなか午後11時30分にスタート。スタート時間を朝にするとあまりにも高温になるための措置だった。

このレースで山西は7kmを過ぎたところで1人飛び出し、そのまま独歩を続け1時間26分34秒のタイムでフィニッシュ。圧倒的で完璧な勝利と言えるだろう。だが、彼の考えは違った。

「2位とはたかだか15秒差ぐらいなので、展開的には先行することにはなりましたが、薄氷の勝利というか、本当にギリギリだったと思っているんです」

ただ、自分のペースでレースを進め、勝利したのは事実である。これは、なかなかできることではない。他の選手と駆け引きして、展開を考えて争っていくのが普通だからだ。7kmというまだ半分にもならない距離で飛び出すというのは勇気がいるだろうし、リスキーでもある。だが、山西はやってのけた。

「ドーハの直前までは、レースの流れに乗りながら、勝負どころを見極めて仕掛けていくタイプだったのですが、ここ1、2年でちょっとずつ変わってきました。自分から能動的にレースを動かすようなことにトライしていて、少しカタチになっているという印象です。

地力がない選手としてレースに臨む場合、細い勝ち筋を手繰り寄せないといけない。だから、集団の中で力を溜めて、ここというときにすべてを懸けていくしかない。自分の場合は少しずつ力がついてきたというか、ベースが上がってきた。それだから20kmというレースをもっと自由にコーディネートできるようになってきたし、自分でレースを動かせるようになってきたと考えています」

フォローする