【陸上】日本選手権エントリー発表!山縣、サニブラウン、桐生ら 女子100m福島、5000mに新谷、田中は3種目登録

引用元:月刊陸上競技
【陸上】日本選手権エントリー発表!山縣、サニブラウン、桐生ら 女子100m福島、5000mに新谷、田中は3種目登録

日本陸連は6月24日から27日に大阪・ヤンマースタジアム長居で行われる日本選手権のエントリーリストを発表した。

男子100mには先日9秒95をマークした山縣亮太(セイコー)や、サニブラウン・アブデル・ハキーム(タンブルウィードTC)、桐生祥秀(日本生命)、小池祐貴(住友電工)、多田修平(同)と、東京五輪参加標準記録を突破している選手が順当にエントリー。上記5人は3位以内で五輪代表に内定する。また、16年リオ五輪代表のケンブリッジ飛鳥(Nike)も2大会連続五輪を狙う。サニブラウン、小池は参加標準記録を突破している200mと両種目に登録。桐生も200mエントリーし、リオ五輪リレー銀メダリストメンバーの飯塚翔太(ミズノ)は200mのみ。

女子100mの福島千里(セイコー)は、6月6日の布勢スプリントで何とか参加条件を満たしてエントリーに間に合った。5000mで東京五輪代表に内定している田中希実(豊田自動織機TC)は800m、1500m、5000mの3種目にエントリー。10000mで代表に決まっている新谷仁美(積水化学)と廣中璃梨佳(日本郵政グループ)も5000mに名前がある。

その他、有力選手は順当に各種目ともエントリー。東京五輪の参加標準記録を突破している選手(競技終了まで)が3位に入った場合は東京五輪代表に内定する(※5000mは残り2枠)。

フォローする